女の人

老化は誰にでも訪れる|アルツハイマーを治せる時代に

様々な効果がある

笑顔の女性

さまざまな身体に良い効果

お酒を飲んだ後は肝臓に負担をかけてしまい、二日酔いとなってしまう人が多くいます。その二日酔いを改善させるのにオルニチンが良いといわれています。そして肝臓に良いとされるオルニチンは、他にもたくさんの身体に良い効果を引き出してくれる成分で、サプリメントでも販売され摂取する人が増えています。オルニチンはどのような効果が出てくるのかといいますと、疲労回復効果、新陳代謝向上効果、そして腎臓にも良いといわれています。オルニチンを摂取することで成長ホルモンが分泌され、骨や筋肉を作るために働く細胞を活性化させるといわれています。細胞の生まれ変わりを促進させることから新陳代謝向上効果にもつながり、血行促進にもつながります。

普段の食事で食べる

オルニチンは、貝類のしじみに含まれる成分として知られていますが、他にも含まれる食材があります。それはブナシメジやエノキダケ、チーズ、パンなどに含まれています。ブナシメジやエノキダケは、味噌汁の具や炒め物料理の材料として使用して食べることができますし、朝食にパンを食べる人はチーズと一緒にやいて食べたりすると摂取することができます。そしてブナシメジに含まれるオルニチンは、しじみよりも1.5倍多く含まれているといわれており、普段からキノコ料理として食べていると身体に良いオルニチンを十分に取りいれることができているのです。朝食にパンを食べるのも良いですし、和食で済ませるのであればシジミ汁を飲んだりエノキダケの味噌汁を食べたりするだけで良いのです。